管理人の愚痴

赤裸々初体験 趣味もヨットもお仕事も 上手な人にはかなわない

海図と眼鏡
こんにちは。現役ヨットオーナー兼セーリングインストラクターの ユウミマサトですプロフィール

今回は愚痴ではありません。

少しだけ、私事の感動も合わせた作文を書きます。

 

趣味ではなく、ヨットの上でもWEBお仕事します

わたくし、メガネを買いました

ヨットに乗っている時間では全く問題ないのですが、最近は老眼が進んできたようで

スマホは腕を伸ばさないと文字がボヤける

車の運転ではいつも目を細めている、わずかだが 不快に感じる

流石に 気になり生涯初のメガネを買う気になった

今までは サングラスしか持っていない

 

大手ショッピングモール内の安売りメガネ屋さん

当初はフレーム1本と度付きレンズを入れて総額5,000円 。 これで十分なイメージのモノが出来上がると思った

出来上がりまで30分

 

仕上がったものをかけてみると、完全に近くしか見えない老眼鏡

これに先立って視力の検査、レンズの調整メガネフレームの調整をしていた

スムーズで、隙のない対応

このときのセールスのお姉さんはとても良いサービスで気持ちよく買い物ができたと思っていた

しかし出来上がったものは近くしか見えない

1メートルから先は完全にぼやけてしまっていた

問診時、こちらの要望は伝えてある

  • 仕事時に、モニターを見る
  • 手元も見る
  • 日常的な家事もする。

これをこなせるメガネが欲しいと。

 

なんと言うのかしらないが、お姉さんのセットしてくれた、片側2枚のレンズが入れられたマシーン的メガネ状器具を掛け

手元と周囲を見渡すと、裸眼よりもクリアな視界がひらけて感動

理解してもらえたと思っていたのだが、距離50センチのモノに 焦点を合わせただけの、ただの老眼鏡が出来上がった

これは要らない! 100均で買えるよね

モノレベルは違えど、実用的には同じ

これは要らない!

すかさず拒否していた

 

しかし思えば、こちらが上手に伝えられていないことに問題もある

人生初のメガネ、度付レンズの能力を全く理解できていませんでした

今思えば お姉さんから、「では手元用に作りますか? 」 と言う質問があったように思う

これすらまともに理解できていない私がいた

これにYesと答えてはいけなかった

私の要望は私なりに伝えてあったが、伝わっていないと言うことを理解すべきだった

わからない人はわからない、と同時にわかってしまっている人は、 わからない ということが解らない

これが、専門バカと言うやつ

すかさず拒否した私に対して、対応してくれたスタッフは、先のお姉さんとは違う オネーサンであったが、この人が凄かった

全てを聞き終えると、直ぐに検査の順番待ち予約を取って謝りながらも待つ事を求めてきた

私は素直に待つ事を了承した

 

当然です。 クレームに対して一切言い訳なく次に繋げてくれた人の事は、おのずと聞いてしまう

順番がくると、先と同じ検査が始まり同じ流れで、レンズの調整

ここから、このオネーサンが本領発揮!

度付き手元用眼鏡の老眼鏡から、中近両用にする

今ある裸眼の視力を最大に生かす度数と乱視の矯正の細かい事

そして、その都度繰り出される説明が、専門過ぎず、 しかし細かく、解りやすい。

本人曰く、「マニア過ぎてごめんなさい」ってレベルらしいが、気持ちよいセールス

サービスレベルは先のお姉さんも良かったが

このオネーサンのセールスレベルは高いが強過ぎない。

何よりサービスレベルはムチャ高い

これにノックダウンの わたくし

ついつい、他の要望も伝えている

運転してる時にも使えるカラー入りUVカットで、夜間もトンネルでも使えるモノが出来る?

一本で無理なら二本にしてもいい

なんて事も言ってる

最上級のセールスにやられております

サービスとセールスは技術的には別モノ

しかし、上手い人には敵わないなぁ

後から思い返すと  そーゆーこと

 

清々しい初体験

結果、 二本の眼鏡を受け取ってきました

店を出る時のお会計が 25000円也

当初の5倍になっていた

しかし、清々しい心持ちでお礼を言いながら帰路についたのでした

ありがとうございました。

 

PS

何か感じることがありましたらお問い合わせください。 フフッ

お問い合わせ

日本ヨット新聞.com 何を思ってこのサイトを開設したのか?
私がどうしてこんなブログを立ち上げて
情報発信しているのか書いています